デジタルの魅力

一般的に使われている、光学顕微鏡とデジタルマイクロスコープとの違いは何でしょう。マイクロスコープとは、顕微鏡のことを指しますがこれが近年ではデジタル化し一般的な、顕微鏡よりも性能がや使える用途が幅広くなってきました。

デジタルマイクロスコープの大きな特徴として、一般的なマイクロスコープとくらべて、デジタルマイクロスコープの、レンズは一般的なものと比べて非常に倍率が高く設定できます。通常のものよりも20倍以上倍率を上げることが出来るため一般的なものよりも正確に美しく、凹凸などを把握できます。レンズがここまで倍率を上げられるとピントをあわせるのも大変だと考える方も多いことでしょう。しかし、デジタルスコープは、フォーカスを合わせるのも簡単に行えてかつ正確にピントをあわせることが可能になっています。

研究や検査などに使われる、デジタルマイクロスコープの利点はやはり多人数で確認が作業が行え経過か観察が可能になったことでしょう。今まで顕微鏡やマイクロスコープでは、ライブ映像を見ることが出来るのは1人しかできませんでした。そのため、会議や相談を行なう際入れ替わりで確認してては、効率も非常に悪く経過の観察となれば尚の事で情報を共有するには不向きでした。しかし、デジタルマイクロスコープは、大型なモニターがついてることにより情報の共有などが簡単に行うことが出来るよになりました。