マイクロスコープの種類

一言に、マイクロスコープといっても様々な用途で使われているためそれに合わせて、マイクロスコープ自体の種類も豊富に存在しています。使う用途によって、同じマイクロスコープでも全く性能が違います。医療用は、もちろん様々な実験で使われているマイクロスコープは形も性能も変わってきます。大きく分けてマイクロスコープには、光学と電子のタイプにわかれています。光学顕微鏡になっていて、観察をおこないたいものにたいして、光をあてレンズなどを使い拡大して観察するというのが光学顕微鏡になっています。学生の頃理科の実験などで使われていたのはこっちのタイプになります。電子顕微鏡は、光を使わずに電子線という特殊なものをあてて対称を拡大観察するものを言います。電子型のマイクロスコープは、生物学や医学などで多く使われています。診察代などにあるマイクロスコープも、電子顕微鏡の一部に分類されます。電子マイクロスコープは、医学や生物学で使われて分かるように、ウイルスといった人の目では確認することが出来ない、レベルのものを観察することができます。

個人で使おうと思って購入するのであれば、基本的には光学顕微鏡、光学型のマイクロスコープになります。電子型のマイクロスコープは、そもそも過程では扱うようにはなっておらず設備等が大掛かりになってしまいます。USB型のマイクロスコープなど、現代ではお手頃な値段で購入しようすることができるため、マイクロスコープをうまく使い肌のキメや頭皮のチェックなどを個人で行なう人が増えてきました。